東京大学医科学研究所附属病院

病院長あいさつ

病院長 四柳 宏

病院長 四柳宏

 東京大学医科学研究所附属病院(医科研病院)は、北里柴三郎博士が創設された伝染病研究所時代の1894年に、当時脅威であった感染症の研究と治療をつなぐための医療機関として設立されました。このように125年という長い歴史をもつ医科研病院は、現在、我が国唯一の国立大学附置研究所附属病院というオンリー?ワンの存在です。設立当時の使命を受け継ぎ、難しい病気に対する画期的な診断や治療の方法を開発して患者さんに届けることが今も当院の使命であることに変わりありません。臨床現場では、がん?感染症?免疫疾患の領域において、標準治療では治りにくい病気の患者様や他の病院では診療経験の少ない稀な病気に罹った患者様を積極的に受け入れるプロジェクト診療を行っています。とりわけ、基礎研究の成果を治療に役立てるための橋渡し研究(TR:トランスレーショナル?リサーチ)や、初めてヒトに実施するFirst-in-Man試験のような早期臨床試験に積極的に取り組んでいます。実際、造血幹細胞移植を含む細胞治療、遺伝子治療、ゲノム医療など先進的ながん治療において我が国の先鞭をつける役割を果たしてきました。

 一方で、「研究所病院」という言葉が想起させる近寄りがたい雰囲気とは無縁の病院です。都心でありながら閑静で、周囲は緑に囲まれた恵まれた環境の中にあります。また、比較的交通の便も良いので、地域の患者様だけでなく全国各地から患者様が来られています。そして、当院には先端医療開発に意欲的な医療スタッフが全国から集まり、治療困難な病気を克服すべく、日夜奮闘しています。当院のスタッフは患者様や御家族に対して、病気だけでなく心理面や社会的側面も含めて幅広く考慮しながら個々人に合ったあたたかい診療(全人的医療)を行うことを心がけています。大学医学部附属病院と比較すれば病床の数もスタッフの数も少ない規模で運営されていますが、“山椒は小粒でもピリリと辛い”存在感のある病院であり続けたいと願っています。

又黄又爽又色的免费网站